メディアPR代行

最新のPR事情と効果的な方策とは(2020年)

現代、自社の利益のみを追求する会社はPRの難易度が高くなっています。

PRとは、Public Relationの略語。

広報や宣伝など、自社からの一方的な伝達ではなく、

パブリック(メディア含めた一般消費者・生活者・市民)との関係づくりの総称です。

メディアや一般消費者は、単なる商品やサービスの売り込みを非常に嫌います。

テレビだけでなくスマホで見る動画の隙間や、電車・タクシー内の電子広告。

絶え間なく宣伝が差し込まれてくる現代においては、広告宣伝のコストが高くなる一方で、その効果は減退しているというのが業界の実情です。

そんな中、メディアや一般消費者に対して本当に価値のある商品やサービスを届けるためには、

必ず『社会的役割』や『社会的価値』という側面がより重要になってきています

単なる自社商品やサービスに関する宣伝情報ではなく、

その本業が属する分野において
将来を見据えたテーマや、課題の解決策などの『価値観』や『メッセージ』を乗せた情報であれば、

パブリックに届きやすく、結果として認知拡大や顧客増、顧客のファン化、そして長期的利益につながっていきます。

ビジョンラボのPRサービスの特徴

社会的価値を引き出し、言語化してきた実績があります。

ビジョンラボの代表山崎は(一社)PRプロフェッショナル協会の認定PRプロデューサーです。

NPOや一般社団法人などソーシャルセクターのPRを多数担当してきた経歴から、どんな業種の法人からも社会的価値を引き出し、言語化します。

メディア掲載例

毎日新聞・東京新聞・神奈川新聞・iTSCOM・タウンニュース等の掲載実績があります。

PRサービス内容と費用

内容

  • PR設計
  • ウェブサイト・SNS動線アドバイス
  • メディア選定
  • プレスリリース案作成
    ※郵送作業はオプションです。
  • メディアアプローチ
  • 取材リハーサル(ロールプレイ)・立会い
    ※ご希望に応じて

費用

費用:月額5万円(プレスリリース1件、メディアアプローチ5社)
期間:6ヶ月から

ご希望の規模に応じてお見積もり致します。

お問い合わせ・お申し込みはこちらから